豪華絢爛、東山に新店舗 作田金銀製箔、金箔文化を紹介

2019/06/16 01:47

 作田金銀製箔(金沢市)は15日、同市東山1丁目に、創業100周年を記念して、土産物販売の新店舗をオープンした。町家を金箔(きんぱく)で豪華絢爛に装飾した内装が特徴で、観光客に石川の金箔文化を紹介する。

 

 店名は「金箔屋さくだ 茶屋街町屋店」で、築約100年の町家を改修した。入り口には金箔とプラチナ箔を貼ったワシと虎を模したオブジェが置かれ、来場者の注目を集めた。

 

 1階では土産物を販売し、金箔で装飾したワイングラスや招き猫などを展示販売する。2階は休憩コーナーや金箔貼りの体験スペースとして活用する。東山エリアへの出店は3店目となる。外国人観光客(インバウンド)需要を取り込む。