金沢営業所が来月移転 西日本ジェイアールバス

2019/04/19 02:16

 西日本ジェイアールバス(大阪市)は5月15日、金沢市広岡3丁目にある金沢営業所を、同市乙丸町に移転して開設する。敷地面積は1・5倍に拡大する。営業所の移転に合わせ、同日、金沢駅と地域医療機構金沢病院、城北市民運動公園を結ぶバスの新規路線も運行開始を予定する。

 

 新営業所は敷地内に事務所や整備場を備え、敷地面積は約1万1千平方メートル、延べ床面積は約2100平方メートルとなる。

 

 新規路線は金沢駅西口―城北市民運動公園(金沢プール前)を、北安江経由で結ぶ。平日は1日11往復、土日祝日は10・5往復(21便)を運行する。このうち平日4往復は東長江方面に直通する。

 

 現営業所はJR西グループが広岡3丁目で所有する敷地約3万7千平方メートルの一角にあり、敷地は約7千平方メートル。現営業所と移転予定の同グループ社宅を合わせた約2万2千平方メートルには、ホテルやオフィスビル、新しい日銀金沢支店などが整備されるとみられる。

 

 残る1万5千平方メートルでは近年、オフィスビルや健康増進施設が造られ、既に営業している。