宇宙技術で消臭シャツ ゴールドウインが開発

2019/01/26 01:59

 小矢部市内に生産拠点を置くゴールドウイン(東京)は2月1日、「宇宙下着」の技術を応用し、消臭効果の高い糸で縫製したシャツ「FINEDRYWOVEN」を発売する。糸に伸縮性を持たせ、着心地の良さを実現した。ビジネスなど幅広い需要を見込む。

 

 ウエアは衣料ブランド「MXP」の製品で、ゴールドウインと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同開発した技術を応用した。春夏シーズンにアンダーウエアを着用しなくても、汗のにおいが抑えられるという。価格は長袖が1万5千円(税別)となる。