レンコン田で撮影に臨む栗山さん(左)ら出演者=金沢市湖南町

ホッとニュース

レンコン畑で映画撮影 「種まく旅人」ロケ、河北潟干拓地で

2019/10/07 01:26

 加賀野菜の一つ「加賀れんこん」を題材にした映画「種まく旅人~華蓮(ハス)のかがやき~」(本社後援)の終盤シーンのロケが6日、河北潟干拓地のレンコン田で行われ、主演で農林水産省職員役の栗山千明さんが収穫作業を視察する様子などが撮影された。

 

 一面にレンコン田が広がる金沢市湖南町の干拓地が舞台となった。栗山さんは収穫の様子をカメラに収めたり、農家と話したりする場面を演じた。実家がレンコン農家の銀行員役を演じる俳優の平岡祐太さんは長時間、田の泥に腰まで漬かりながら撮影に臨んだ。

 

 1次産業を応援する「種まく旅人」シリーズの4作目で、農家の跡継ぎ問題や農業で活躍する女性をテーマに温かな物語が繰り広げられる。9月25日から金沢ロケが行われていた。

 

 7日にクランクアップし、来年初夏に公開予定となっている。