協定書に調印する粟市長(左)と小沼社長=野々市市役所

災害時機材供給で協定 野々市市

2020/08/06 01:14

 野々市市は5日、建設機械レンタルのアクティオ(東京)と「災害時におけるレンタル機材の提供に関する協定」を取り交わした。市の要請に応じ、同社が仮設トイレや発電機などを有償で提供する。

 

 市役所で粟貴章市長と小沼直人社長が協定書に署名した。粟市長は「心強い限り。まさかの時に支援をお願いしたい」とあいさつ。小沼社長は「資機材を全国の営業所から集められるのが強みで、皆さんのお役に立ちたい」と応えた。

 

 県内では小松市と白山市が同社と協定を締結している。野々市市の災害協定は53件目となった。