「空上げ」レシピ公開 空自輪島分屯基地、HPで

2020/06/28 01:49

 航空自衛隊輪島分屯基地は27日までに、基地内の食堂で提供している鶏の唐揚げ「空上(からあ)げ」のレシピをホームページ上に公開した。毎年5月下旬から6月上旬に開催される「輪島市民まつり」での販売を予定していたが、新型コロナの影響で中止となったため、紹介することにした。

 

 「ゆず塩」と奥能登伝統の魚醤(ぎょしょう)「いしる」の基地オリジナルの空上げ2種類に加え、「空自輪島空上げ丼」の作り方も盛り込んだ。若鶏のモモ肉やユズ果汁、いしるなどの材料と分量のほか、調理手順の要点を写真入りで取り上げた。

 

 基地はこれまで市民まつりで、空上げを販売してきた。来場者から「作り方を知りたい」との声が多く寄せられたため、栄養担当官の櫻木典代さんの監修でレシピを公開した。今後、新たな空上げの開発などを行う予定で、二宮啓彰司令は「地元食材を活かした空上げをぜひ家庭で食べてほしい」と話した。