新たに提供したコース料理を紹介する高田シェフ=羽咋市の道の駅のと千里浜

道の駅でコース料理ランチ 羽咋・のと千里浜

2020/06/07 01:42

 羽咋市の道の駅のと千里浜は6日、レストランの営業を再開した。座席を従来の3分の1の9席に減らし、当面は週末限定で営業する。メニューを減らす代わりに能登の食材を使ったコース料理のランチを新たに始めた。

 

 「おまかせスペシャルランチ」は和洋とデザートの3膳で構成される。1膳目は能登産ビーツを使った深紅のソースで、カモ肉、タコ、カツオなどが味わえる。2膳目はうな丼、アサリの吸い物、スズキの焼き物を提供。3膳目のデザートは千里浜産イチゴのシャーベットをかけたチョコレートケーキを用意した。

 

 考案した高田順治シェフは「特に1品目の洋食は見た目の華やかさを演出した。3密対策をしながら、食事を楽しめる場にしていきたい」と話した。