熱戦を繰り広げる出場者=金沢市ものづくり会館

A級は野原さん優勝 県新春将棋、92人熱戦

2020/01/06 01:33

 第59回石川県新春将棋大会(日本将棋連盟県支部連合会、北國新聞社主催)は5日、金沢市ものづくり会館で行われ、92人が4部門で熱戦を繰り広げた。無差別のA級は、将棋女流アマ名人戦で史上初の3連覇を果たした野原未蘭さん(富山一高)が制した。初段以下のB級は白山市北陽小6年の坂下僚君が優勝した。

 

 第27回シニア将棋名人戦、第45回小学生名人戦の県大会を兼ね、60歳以上のシニア級優勝の東度俊明さん(七尾市)は4月の西地区大会、年長児~小学5年のジュニア級優勝の橋爪由人君(能美市辰口中央小5年)は3月の東日本大会に出場する。

 

 級別に予選リーグ、決勝トーナメントで争った。