ジンベエザメの命名式で踊りを披露する園児=七尾市ののとじま臨海公園水族館

「スズベエ」「ナナベエ」かわいがってね のとじま水族館でジンベエ命名式

2019/12/22 01:47

 七尾市ののとじま臨海公園水族館で21日、10月から展示されている雄のジンベエザメ2匹の命名式が行われ、珠洲市蛸島町沖の定置網にかかった個体の愛称は「スズベエ」、氷見市沖の定置網で捕獲された個体は「ナナベエ」に決まった。

 

 スズベエは「珠洲」にちなんで、ナナベエは同館に7番目に来たジンベエザメであることから名付けられた。水族館はそれぞれに愛称の候補を5種類用意し、入館者の投票で決まった。