映画「種まく旅人」の撮影に臨む出演者=金沢市主計町

主計町、レンコン畑で撮影 映画「種まく旅人」の栗山、平岡さん

2019/09/28 02:10

 加賀野菜の一つ「加賀れんこん」にスポットを当てた映画「種まく旅人~華(ハ)蓮(ス)のかがやき~」(北國新聞社後援)の金沢ロケが27日、金沢市内で行われ、主演の栗山千明さん、平岡祐太さんが主計(かずえ)町(まち)や市役所、郊外のレンコン畑で撮影に臨んだ。

 

 同作は、第1次産業を応援する「種まく旅人」シリーズの4作目で、レンコン農家の跡継ぎ問題や、農業女子の活躍を描く。映画「武士の献立」で助監督を務めた井上昌典監督がメガホンを取る。

 

 主計町では、レンコン農家の視察に訪れた農水省職員を演じる栗山さんと、大阪で銀行員として働きながら実家の農家を支える男性役の平岡さんが、秋風そよぐ浅野川沿いを連れ立って歩くシーンなどが撮影された。10月6日ごろにクランクアップ、来年初夏の公開を予定している。