沿道の観客を楽しませた倭の島交流大パレード=輪島市マリンタウン

演奏軽やか695人パレード 輪島市民まつり、にっぽん丸寄港

2019/06/02 01:45

 輪島市民まつりは1日、輪島市マリンタウンを主会場に行われた。名物の倭の島交流大パレードでは、園児から大人まで25団体695人が鼓笛などの演奏とともに市街地約1キロを練り歩いた。

 

 マリンタウンは奥能登の食まつりや航空自衛隊の車両展示、戦闘機の上空通過、クラシックカーやスーパーカーの展示などでにぎわった。夜は、子ども笹ギリコ行列や県無形民俗文化財「御陣乗(ごじんじょ)太鼓」の演奏などがあり、大花火大会では2万発が夜空を彩った。

 

 まつりに合わせ、輪島港には客船「にっぽん丸」が寄港した。最終日の2日は門前地区で總持寺会場食まつりや禅の里パレード、交流ステージ、鼓笛演奏、市文化会館で輪島市民まつり演奏会などが行われる。