基本動作の指導を受ける参加者=航空自衛隊輪島分屯基地

新入社員ら、自衛隊で鍛錬 輪島の企業が研修

2019/05/21 02:10

 輪島市臨空産業団地に本社、工場がある金属加工のサンテック、関連会社の日の出製作所(川崎市)と美遊JAPAN(同)の新人研修は20日、航空自衛隊輪島分屯基地で始まった。24日まで4泊5日で教練に臨み、心身を鍛える。

 

 今春入社した社員ら男女6人が参加した。迷彩柄の作業服を着て運動場に整列した後、敬礼や気を付けなどの基本動作を学び、隊員の号令に合わせて動作を繰り返した。応急救護訓練にも臨んだ。

 

 今後は火災対処、銃剣道、不審者対策訓練などをこなす。日の出製作所の朝久野雅弥さん(15)は「社会人生活に備えて団体行動や助け合いの精神をしっかりと養いたい」と話した。