川上幼稚園=金沢市幸町

国登録文化財に県内7件 川上幼稚園や錦窯

2019/03/19 01:52

 文化審議会(佐藤信会長)は18日、金沢市幸町の川上(かわかみ)幼稚園の園舎や小松市大文字町の同市立錦窯(にしきがま)展示館主屋(しゅおく)など、25都道府県153件の建造物を有形文化財に登録するよう柴山昌彦文部科学相に答申した。石川県内は金沢、小松の計7件で、登録されれば県内の登録有形文化財は270件、全国では1万2281件となる。

 

 川上幼稚園の園舎は1918(大正7)年、米国出身の建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計で建てられた。トラス構造と呼ばれる西洋式の骨組みや、採光に配慮した大きな窓が特徴で、明るく快適な室内空間となっている。

 

 幼稚園には現在、2~5歳の77人が通っている。現存するヴォーリズ建築の幼稚園として全国でも希少で、改田陽子園長は「これからもこの素晴らしい建物の中で子どもたちを育んでいきたい」と喜んだ。