加藤社長にCDを手渡す生徒(右)=北鉄金沢駅

北鉄金沢、内灘駅で発車メロディー開始 金市工高生が制作

2019/02/13 01:50

 北陸鉄道は12日、浅野川線の金沢駅と内灘駅で金市工高電子情報科の生徒が制作した発車メロディーを流し始めた。金沢駅では金沢市歌、内灘駅では内灘町歌を基にしたメロディーで、関係者は利用者に末永く親しまれるよう願った。

 

 同日、完成披露式典が金沢駅で行われた。メロディーを収録したCDを受け取った加藤敏彦社長から生徒代表に感謝状が贈られた。

 

 制作過程を紹介するプロジェクションマッピングも披露された。畑谷朱里さん(3年)は「地域の人に楽しい気持ちになってほしい」、北雪乃さん(同)は「メロディーを聴いて電車に乗って良かったと思ってほしい」と話した。