ドクターヘリからの患者引き継ぎの手順を確認する参加者=内灘町蓮湖渚公園

ドクターヘリと連携 県立中央病院が内灘、志賀で訓練

2018/09/04 02:15

 県立中央病院と内灘町消防本部のドクターヘリ連携訓練は3日、内灘町蓮湖(れんこ)渚(なぎさ)公園で行われ、救急隊員やドクターヘリの医療、運航スタッフが傷病者をヘリから救急車に引き継ぐ手順を確認した。

 

 訓練は、珠洲市で発生した火災で全身にやけどを負った80歳女性をドクターヘリで搬送し、蓮湖渚公園で内灘町消防本部の救急隊に引き継ぐ想定で行われた。消防隊員が周囲の安全を確保した上でヘリを誘導し、着陸したヘリから救急車に傷病者を移し、金沢医科大病院へ搬送した。

 

 訓練は同日、志賀町でも行われた。24日のドクターヘリ運用開始までに、県内19カ所で訓練が行われる。