工作や自由研究を机の上に広げる児童=田上小

夏休み明け気分一新 小中学校で授業再開

2018/09/04 02:15

 市内の公立小学校54校、中学校5校で3日、2学期の始業式が行われ、授業が始まった。児童生徒は級友と夏休みの思い出を振り返り、気持ちを新たに机に向かった。

 

 市内で児童数が最も多い885人が通う田上小では、始業式で坂江一郎校長が「心の中でスイッチを入れて気持ちを切り替えて過ごしてほしい」と児童に呼び掛けた。

 

 児童は、粘土で家をかたどった貯金箱などの工作、自由研究を見せ合った。3年の谷内祐希君(9)は「友達としたバーベキューが楽しかった。2学期はサッカーの練習を頑張る」と笑顔を見せた。

 

 3日は能登地区の10市町の公立小中学校でも授業が再開し、県内の公立高校23校で2学期が始まった。