受験者の拡大に意気込む若手警察官=県警本部

県警、募集ポスターに浜辺美波さん起用 採用アドバイザー50人指定

2018/03/01 02:00

 県警の新年度採用アドバイザー指定書交付式は28日、県警本部で行われ、若手警察官50人がアドバイザーに選ばれた。このうち、募集活動の経験豊かな4人がプロジェクトリーダーに指定された。

 

 河原淳平本部長が長谷川祐弥巡査部長と奥村俊明巡査に指定書、磯野里織巡査長に広報用名刺を手渡し、小林立幸巡査が決意表明した。県警の今年度採用試験には420人が受験した。

 

 交付式に合わせ、県警は新年度の警察官採用募集ポスターを披露した。県出身の女優浜辺美波さんをモデルに起用し、1日から1年間、金沢駅や交番などに掲示される。

 

 ポスターは浜辺さんがガッツポーズをしており、3千部用意された。AR(拡張現実)を初めて導入し、専用アプリを使ってスマートフォンをかざすと、浜辺さんが採用試験の受験を呼び掛ける動画が流れる。