晴れ間を利用して天日干しされた金沢和傘=11日午前9時40分、金沢市内の和傘店

金沢和傘、日光浴 店先華やかに

2019/01/11 14:22

 11日の石川県内は曇りまたは晴れとなり、正午までの最高気温は金沢8.0度、輪島7.9度といずれも平年並みだった。金沢市千日町の松田和傘店では、晴れ間を利用して金沢和傘の天日干しが行われ、色とりどりの華やかな傘が店先を彩った。

 

 傘の和紙にはエゴマなどを混ぜた油が塗られており、乾かして固めることで防水を施す。10日ほど天日にさらした後、店頭に並べる。松田重樹店主(59)は「外国人観光客を中心に和傘の需要が高まっている。金沢の文化を発信するため、良いものを仕上げたい」と話した。