委嘱状の交付を受ける西岡氏(手前左)=4日午前11時、石川県庁

欧州輸出へ独に代理人 県産業支援機構、県産品の販路開拓

2018/09/04 14:42

 石川県産業創出支援機構(ISICO)は、欧州市場への輸出に意欲的な県内企業の販路開拓を後押しするため、欧州で県産品の販売を促進する代理人「海外セールスレップ」をドイツに初めて配置する。4日、県庁でISICO理事長の谷本正憲知事が西岡宏ジャパン・フーズ・インターナショナル取締役(59)に委嘱状を手渡した。

 

 西岡氏は県内の地酒や加工食品、工芸品を現地の企業に売り込むほか、欧州市場の開拓を目指す県内企業に助言する。委嘱期間は来年8月31日まで。西岡氏は「石川の魅力の発信に向けて頑張りたい」と意欲を語った。谷本知事は「海外の販路開拓へ道案内役を務めてほしい」と激励した。

 

 駐在経験の豊富な人材を自治体や企業に紹介するNPO法人国際社会貢献センター(東京)が協力した。