積雪再び、除雪に追われ 大雪、連休明けも混乱 - 石川県のニュース | 北國新聞社

雪が降りしきる中、歩道の除雪に追われる市民=13日午前7時、金沢市錦町

積雪再び、除雪に追われ 大雪、連休明けも混乱

2018/02/13 14:13

 13日の石川県内は雪が降り、各地の積雪は再び増えた。金沢では午前10時現在で49センチとなった。金沢地方気象台は一時、加賀南部の6市町に大雪警報を出した。JR北陸線や小松空港発着便は運休や欠航が相次ぎ、連休明けも交通の乱れが続いた。金沢地方気象台によると、県内は同日夕まで大雪の恐れがあり、その後は次第に冬型の気圧配置が緩む見通しである。

 

 金沢地方気象台によると、北陸地方の上空約5千メートルには、氷点下36度以下の寒気が流れ込んでいる。13日午前10時現在の積雪は白山市河内160センチ、加賀市菅谷156センチ、珠洲45センチ、七尾33センチ、輪島22センチ。午前10時までの24時間で積雪は金沢で9センチ、白山市河内で34センチそれぞれ増えた。

 

 北陸線は13日、前日に続き始発からサンダーバード全49本、しらさぎ全32本が運休し、金沢-福井間の特急2本も運行を取りやめた。普通列車も金沢-福井間で運行本数を7割程度に減らし、福井-敦賀間は終日運休する。列車が少ないため、金沢-福井間で特急ダイナスターを2時間に1本臨時で運行した。小松発着便は羽田便など11便が欠航した。

 

 県警によると、13日午前9時までの24時間に県内でスリップ事故が49件確認された。金沢市内や近郊では通勤時間帯に幹線道路が渋滞し、北陸鉄道の路線バスはダイヤが大幅に乱れた。市内では、市民が自宅や職場の周辺で再び積もった雪をどかす作業に追われた。

 

 金沢地方気象台によると、14日午前9時までの24時間降雪量は、多い所で加賀は平地20センチ、山地40センチ、能登は平地15センチ、山地30センチと見込まれる。

 

 気象台は大雪による交通障害や除雪中の事故、屋根からの落雪に引き続き注意するよう呼び掛けている。