北國新聞 DIGITAL

先輩達の声 

事業部 田中健生/2004年入社 金沢学院大卒

にぎわい、夢、感動を地域に

事業部の主な業務は、北國新聞社が実施するイベントの企画運営です。演劇やミュージカル、コンサート、落語などの舞台公演から、相撲大会やマラソン、サイクリングなどのスポーツイベント、花火大会、美術展まで多種多様なジャンルに分かれています。

新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、イベント開催に向けた準備が思い通りに進まないことも珍しくありません。前例が通用せず、創意工夫が絶えず求められ、苦労することも多いですが、それは同時にやりがいにもなっています。

最近携わったイベントで印象に残ったのが2021年9月、コロナ禍の収束を願い、第一線で奮闘する医療従事者にエールを送る映像を収録するために企画された花火大会です。密集を避ける意味で事前広報を控えての実施となる中、安全面に配慮した運営や花火の演出などで何度も現場に足を運び、打ち合わせを繰り返しました。準備がスムーズに進まずに思い悩むこともありましたが、上司、同僚部員と協力し、何とか成功裏に終わることができました。花火大会終了後、地元住民や医療従事者の方から「感動して涙が自然と流れました」といった内容のメールが届いた時はとてもうれしかったです。

事前調整を重ね、事業を成功に導き、会社の収益を確保するというプレッシャーはありますが、自ら企画立案したイベントが実現し、参加者の満足そうな笑顔を見ると、何物にも代えがたい達成感を味わうことができます。今後も地域のにぎわいを生み出し、そして皆さんに夢や感動を与えられ、北國新聞のファンが増えるイベントを実施していきたいと思います。

ページトップ