弥栄節を踊る子ども=高岡市金屋町

 重伝建(重要伝統的建造物群保存地区)の高岡市金屋町を明かりで照らすイベント「KANA夜(かなや)!ナイト」は5日、同町で始まった。千本格子の町家が並ぶ石畳の道が温かな光に照らされ、住民らが幻想的な風景に見入った。

 石畳の約500メートルに、願いをしたためた七夕飾りや、地元の西条、横田小児童らが作った竹製のランプシェード16個が並んだ。石畳のハート模様が蛍光色に光る工夫も施した。

 午後7時から街灯や町家の明かりがともり、子どもたちが民謡「弥栄節(やがえふ)」をしっとりと舞った。

 町内の商店は営業時間を延長し、飲食店は特別メニューを提供した。6日まで行われ、10月にも開催される。

無断転載・複製を禁じます