巣立ちしたコウノトリのひな2羽=5日、石川県志賀町(同町教育委員会提供)

 石川県は5日、同県志賀町の巣で6月上旬にふ化が確認された、国の特別天然記念物コウノトリのひな2羽が巣立ったと発表した。県内の野生環境での巣立ちが確認されるのは、日本の野生のコウノトリが絶滅した1971年以降初めてという。

 県によると5日午前、ひなが地面に降りて餌を食べているのを町職員が確認した。親鳥は兵庫県豊岡市で生まれた雄と福井県越前市で生まれた雌。3羽のふ化が確認されており、残り1羽も近日中に巣立つとみられる。

 日本のコウノトリが絶滅後、兵庫県が旧ソ連産のコウノトリの人工繁殖と放鳥に取り組み、各地で野生の個体が増えている。

無断転載・複製を禁じます