スペイン人コーチから指導を受けるキャンプ参加者=2016年8月、七尾市内

 サッカークラブの名門、スペイン・FCバルセロナ公認のサマーキャンプ(富山新聞社後援)が29日~8月1日、高岡市の高岡スポーツコアで、昨夏に続いて行われる。世界の一流クラブの技術、戦術を集中的に学ぶ内容で、全国18会場から選ばれたMVP3人にはバルセロナ招待特典が贈られ、現地のハイレベルなプログラムに参加できる。

 FCバルセロナは世界各地に若手獲得のネットワークを構築し、日本では2007年からキャンプを開催。現在もスペインで活躍する日本代表の久保建英(マジョルカ)は09年のキャンプに参加し、バルセロナの下部組織で力を伸ばした。同じくドイツ・ブンデスリーガで活躍する日本代表の鎌田大地(フランクフルト)もサマーキャンプで「バルサメソッド」を学んだ。

 富山では2017年に初開催され、これまでに3回実施された。17年は富山からサッカークラブ「エヌスタイル」の選手がMVPに選出された。バルセロナへの招待特典には現地スクール内のリーグ戦出場や、本拠地カンプノウでのトップチームの試合観戦などもある。

 キャンプではスペイン人コーチが現地で実施されている最先端トレーニングを指導する。小学1年から中学1年までを対象に定員84人を募っている。参加費は宿泊プランで税込み15万9900円(通う場合は11万5500円)。問い合わせは事務局=03(6674)2707=まで。

無断転載・複製を禁じます