射水市は2日、夏野元志市長が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同日から自宅療養しており、執務は可能な限りリモートで行う。療養期間は厚生センターと医師の判断で決定し、その間の公務は磯部賢副市長が代行する。

 夏野市長は公務後の1日夜に喉の痛みと微熱の症状があり、2日に医療機関を受診したところ、陽性と判明した。濃厚接触者の有無は確認中。市は市長室などを消毒した。

無断転載・複製を禁じます