石川県は2日、150人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。前週の同じ曜日と比べて53人増加し、2日連続で前週比増となった。累計は6万408人。県のモニタリング指標は3項目が悪化した。

 重症者が26日ぶりに1人確認され、重症病床使用率が2・4%に上昇した。週の新規感染者も820人、経路不明者も587人にそれぞれ増加。病床使用率は7・6%(38床)に下がった。304人が療養を終え、治療中は1008人となった。

 新規感染者のうち経路不明は116人で、40~60代の3人が中等症。年代別では10歳未満が37人と最多で、20代25人、10、30代がそれぞれ23人と続いた。市町別では金沢市65人、野々市市21人、小松市18人などとなった。2日午前10時までに1584件を検査した。

無断転載・複製を禁じます