気象庁は28日、九州北部と四国、中国、近畿、北陸の各地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来、これらの地方の6月の梅雨明けは初めてで、最も早い。

 各地方で過去最も早かった梅雨明けは、四国が64年、九州北部が94年で、それぞれ7月1日。北陸は2001年7月2日、近畿と中国は78年7月3日だった。

 北陸は平年と比べ25日早く、九州北部と中国、近畿は21日、四国は19日早かった。昨年と比べると、四国が21日、近畿が19日、北陸が16日、九州北部と中国が15日、それぞれ早かった。

無断転載・複製を禁じます