【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍のゾーミントゥン報道官は23日の声明で、昨年2月のクーデター後に軟禁下に置いていた民主化指導者アウンサンスーチー氏(77)を首都ネピドーの刑務所に収監したと明らかにした。これまでは「特定の場所」に軟禁され、使用人やペットの犬と過ごすことが許されていた。

 報道官は通信アプリでメディア向けに発表した声明で、収監したことを明らかにし、スーチー氏が「公正な処遇」を受けていると主張した。

無断転載・複製を禁じます