沖縄戦犠牲者の氏名が刻まれた「平和の礎」を訪れ、手を合わせる家族連れ=23日午前、沖縄県糸満市の平和祈念公園

 沖縄全戦没者追悼式で黙とうする(右から)岸田首相、細田衆院議長、山東参院議長=23日正午、沖縄県糸満市の平和祈念公園

 沖縄県糸満市の平和祈念公園を訪れ「平和の火」の周りに集まる人たち=23日早朝(小型無人機から)

 沖縄全戦没者追悼式で黙とうする参列者=23日正午、沖縄県糸満市の平和祈念公園

 沖縄県は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で命を落とした日米双方の20万人超を悼む「慰霊の日」を迎えた。旧日本軍が組織的戦闘を終えた日とされ、今年で77年。沖縄が米統治下から日本に復帰して50年の節目も迎えた今年、世界はロシアのウクライナ侵攻で緊迫している。最後の激戦地だった糸満市摩文仁の平和祈念公園で、玉城デニー知事らが出席し、恒久平和への誓いを新たにする沖縄全戦没者追悼式(県など主催)が開かれた。

 岸田文雄首相が参列。首相の出席は3年ぶりとなる。新型コロナウイルス対策で参列者は主催者側や招待者ら約340人にとどめ、一般参列は3年連続で見送った。

無断転載・複製を禁じます