コロナ専用病床を視察する新田知事(左)=富大附属病院

 新田八朗知事は22日、富山市の富大附属病院を訪れ、新型コロナウイルス患者らを受け入れる「感染症病床」を視察した。ウイルスが外部に漏れない陰圧施設を備え、外部に出ずに透析や人工呼吸器の装着が可能となる病床で、新田知事は「県民の安心につながると理解した」と所感を述べた。

 第2種感染症指定医療機関に指定される同病院は、昨年12月に感染症病床を新たに2床整備した。新田知事は山本善裕副病院長の案内で病床を回り、陰圧確認用差圧計などの設備を確認した。

 視察に先立ち、新田知事は林篤志病院長らと懇談した。林病院長は今月、新たに「こどものこころと発達診療科」を設けたことを報告。県内の小児医療提供の中心拠点となる「こども医療センター」を設置したことにも触れ「小児医療の最後のとりでとして役割を果たす」と誓った。高度医療を担う医師の確保や看護師の増員が課題として、理解を求めた。

無断転載・複製を禁じます