北陸の観光地 ホントの実力!
文化施設、行楽地、イベント 人出ランキング

観光客でごった返す金沢市のひがし茶屋街=4月30日

 北陸の観光地に人波が戻ってきた。行動制限が解除された今年のゴールデンウイーク(GW)の人出はどうだったのか。美術館・博物館や行楽地、イベント、温泉地の「人出ランキング」をコロナ禍前と比較した「回復率」とともに大公開。各地の悲喜こもごもを交え、石川、富山、福井の観光地のホントの実力を明らかにする。
(続きはアクタス7月号でどうぞ)

奥川エースへの道
試行錯誤し「睡眠博士」に

フォームを確かめながらキャッチボールをする奥川投手=5月24日、埼玉県戸田市の練習場

 復帰へ向けて着実に前へ進んでいる。上半身のコンディション不良で4月から2軍調整が続くヤクルト・奥川恭伸投手(かほく市出身、星稜高OB)は埼玉県戸田市の練習場で強めのキャッチボールを繰り返している。ノースロー期間を含めて、ファームではウエートトレーニングを重視。筋量は増え体重は90キロに到達した。さらに今回は、奥川投手を支える必需品を紹介する。(サンケイスポーツ 横山尚杜)
(続きはアクタス7月号でどうぞ)

職・人国記
蕎麦屋で、夏を味わう。

 

 本格的な夏を迎え、冷たい蕎麦が恋しい季節になりました。
 店主こだわりの蕎麦はもちろん、非日常を味わえる店づくりやこの時期ならではの旬の食材を使った限定メニューなど、わざわざ足を運びたい理由がそこにはあります。
 ゆっくりと食事を楽しみたい、個性豊かな蕎麦店をご紹介します。
(続きはアクタス7月号でどうぞ)

2022年度公立高入試 合格ライン徹底分析
二水と桜丘、錦丘と西が接近

受験番号を見つけ、喜ぶ生徒=3月、金沢市内の公立高

 今春実施された石川県の公立高入試では、泉丘が昨年に続き高倍率となったほか、例年人気の桜丘、錦丘、金沢西に前年を超える受験生が集まりました。合格ラインも変動し、二水と桜丘、錦丘と金沢西の合格ラインが接近しています。私立しか受けない専願生が増えている一方、公立の中堅校では定員割れしたところも目立ちました。入試結果や総合模試の追跡調査から割り出した2022(令和4)年度入試の合格ラインを分析します。
(続きはアクタス7月号でどうぞ)

舞の海秀平の大相撲うっちゃり御免
遠藤は40歳まで現役を

上手出し投げで高安を破った遠藤=5月20日、両国国技館(共同)

  久しぶりに横綱の貫禄を感じました。5月場所で優勝した照ノ富士です。初日、大栄翔に電車道で圧倒された時は、先場所に続き途中休場するのではないかと危ぶみましたが、四つ相撲の力士に強みを見せて白星を重ね、7度目の幕内優勝を飾りました。
 体調や足の状態は決して万全とは言えず、むしろ場所ごとに悪化しているようです。勝つには勝つものの、力強さが薄まり、ガチッと相手の動きを固めてじっくり寄っていく相撲が少なくなってきました。それでも休場することなく15日間相撲を取り切り、優勝するところに横綱であることの誇りと責任感がうかがえます。
(続きはアクタス7月号でどうぞ)

エッセー  匠心者しょうしんもののホンネ
俳優・西垣しょうさん=白山市出身

(続きはアクタス7月号でどうぞ)

無断転載・複製を禁じます