朝稽古で十両朝乃若(手前)と相撲を取る朝乃山=東京・墨田区の高砂部屋(代表撮影)

 大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)で復帰する元大関の幕下朝乃山(28)=富山市呉羽町出身、富山商高OB=の朝稽古が11日、東京・墨田区の高砂部屋で公開された。四股やスクワットなどの基礎運動や申し合いで精を出し、1カ月後に迫る復帰戦に向けて士気を高めた。

【関連記事】得意の右四つ威力健在 朝乃山上々24番20勝

【関連記事】高砂親方一問一答「自分の相撲取りきれ」

 昨年6月に出場停止処分を受けて以来、公開の場で相撲を取るのは初めて。稽古を指導した高砂親方(元関脇朝赤龍)は「自分の形もあるし、今までの自分の相撲を取りきってくれれば」と期待した。朝乃山は取材に応じなかった。

 名古屋場所では三段目での復帰が濃厚で、27日に番付が発表される。

無断転載・複製を禁じます