(左から届け出順に)泉谷満寿裕候補、小谷内毅候補

 任期満了に伴う珠洲市長選は22日投票が行われ、即日開票される。21日は5選を目指す現職の泉谷満寿裕候補(58)=無所属、同市飯田町=、新人の元市議小谷内毅候補(61)=無所属、同市正院町平床=(届け出順)が選挙戦最後の訴えを響かせた。開票は午後9時から市健民体育館で始まり、同10時半の終了を予定している。

 泉谷候補は4期16年の実績を強調し、2023年秋の奥能登国際芸術祭を通した地域振興を訴えた。小谷内候補は森林資源を生かしたエネルギー政策の推進を唱え、市政の刷新が必要だと主張した。

 珠洲市の選挙人名簿登録者数は14日現在、1万2049人(男性5559人、女性6490人)となっている。期日前投票では、4年前の3896人を上回る4724人が1票を投じた。

  ●開票状況を速報

 珠洲市長選の開票状況は電子版「北國新聞デジタル」で速報する。投票率や各候補の得票数を順次掲載し、投票結果を伝える。

 ■珠洲市長選候補者(上から届け出順)

 泉谷 満寿裕(いずみや・ますひろ)58 無現(4)

 1987年早大政治経済学部卒。野村証券勤務を経て家業の菓子店を継ぐ。2006年、珠洲市長選に初当選し、10、14、18年に再選。石川県杜氏振興協議会長。同市飯田町15の11▽選挙事務所 同町11の148。0768(82)0061

 小谷内 毅(こやち・たけし) 61 無新

 1980年飯田高卒。1991年の珠洲市議選で初当選し、95、99、2003年に再選。4期目の途中で同市長選に出馬、落選した。農林業。同市正院町平床立野31の1▽選挙事務所 同町川尻15の93の1。080(2959)7052

無断転載・複製を禁じます