【イスタンブール、ワシントン共同】ロシアのショイグ国防相は20日、フィンランドとスウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟申請への対抗措置として、両国に近い西部軍管区に年末までに12の部隊を増強する方針を表明した。軍幹部の会議での発言をタス通信が報じた。

 トルコのエルドアン大統領は20日、フィンランドと21日に協議をすると述べた。トルコの安全保障上の懸念を理由に加盟に反対しており、フィンランドに懸念の払拭を求めるとみられる。イスタンブールで記者団に語った。

 21日にはフィンランドのほか、英国やNATOのストルテンベルグ事務総長とも協議するという。

無断転載・複製を禁じます