落書きが見つかったプール壁面=魚津市村木町

 魚津市の村木コミュニティセンターのプール壁面に落書きがあることが20日、分かった。24日に市と地元の村木地域振興会が塗装して復元する予定で、被害の拡大を防ぐ。

 落書きは、約10メートルにわたって青色の塗料で文字などが描かれている。市や振興会によると、16日に登校中の児童が見つけ、近くにいた見守り隊員に報告。17日に振興会が、施設の管理者である市に連絡し、市が魚津署に被害届を出した。

 振興会によると、プールの近くにはジュースの空き缶や吸い殻が落ちているなど若者がたむろしていた形跡もある。亀沢俊幸会長(72)は「早急に対処することで、加害者に反省を求めたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます