第2日、18番でパットを放つ山下美夢有。7アンダーで首位=袖ケ浦CC袖ケ浦

 ブリヂストン・レディース第2日(20日・千葉県袖ケ浦CC袖ケ浦=6713ヤード、パー72)2週前に国内四大大会初優勝を果たした山下美夢有が4位から68と伸ばし、今季4勝でこの日70の西郷真央、68だった申ジエ(韓国)とともに通算7アンダーの137で首位に並んだ。

 今季国内初戦の渋野日向子は73と伸ばせず、通算3オーバーの69位で1打及ばず予選落ちした。5アンダーの4位は酒井美紀と有村智恵。昨季賞金女王の稲見萌寧は4アンダーで6位につけた。前週優勝の渡辺彩香はイーブンパーで28位。2オーバーまでの68人が決勝に進んだ。

無断転載・複製を禁じます