17日、マリウポリの製鉄所から退避後、バスに座るウクライナ兵士=ウクライナ東部ドネツク州の親ロシア派支配地域(AP=共同)

 17日、ウクライナ東部ハリコフ周辺の町を歩くウクライナ軍の兵士(ゲッティ=共同)

 【キーウ共同】ウクライナ国防省のマリャル国防次官は17日、南東部の激戦地マリウポリのアゾフスターリ製鉄所からロシア側支配地域に退避した兵士について、ウクライナが拘束しているロシア兵捕虜との交換を求める考えを明らかにした。一方、ロシアのウォロジン下院議長は、「犯罪者」は裁判を受けなければならないと述べ、引き渡しに難色を示した。負傷者を含むウクライナ側兵士の処遇が新たな焦点となる。

 ロシア軍は製鉄所を包囲していた部隊を転戦させ、東部戦線に戦力を集中させるとの見方が強まっている。完全制圧を狙う東部ドンバス地域のルガンスク州とドネツク州では攻撃を継続している。

無断転載・複製を禁じます