【ワシントン共同】レモンド米商務長官は17日の電話記者会見で、米国が主導するインド太平洋経済枠組み(IPEF)について「バイデン大統領の訪日時に、日本で発足を発表する」と明らかにした。バイデン氏は今月22~24日に日本を訪問。23日に岸田文雄首相との首脳会談を予定している。

 IPEFは昨年10月にバイデン氏が提唱し、発足に向けてレモンド氏らが調整を進めていた。レモンド氏は、インド太平洋地域の国から「米国がもっと存在感を示し、積極的な経済戦略を持つべきだという大きな要望があった」と指摘。「今後数十年の経済、供給網を形作る重要な分野に焦点を当てる」と説明。

無断転載・複製を禁じます