ルネサスエレクトロニクスの甲府工場=山梨県甲斐市

 半導体大手のルネサスエレクトロニクスは17日、2014年10月に閉鎖した甲府工場(山梨県甲斐市)での生産を24年に再開すると発表した。新たに900億円を投資し、電力を制御する「パワー半導体」を量産する。電気自動車(EV)向けの需要拡大を見込んだ対応。

 半導体材料の「ウエハー」のうち、大型の直径300ミリを扱える最新鋭の設備を導入し、高効率にする。ルネサスのパワー半導体の生産能力は現在の2倍になるという。再開に伴い、地元で100~150人程度を採用する考え。

 甲府工場は閉鎖後、売却を検討していたが、自社で活用する方針に転換した。

無断転載・複製を禁じます