ストリートピアノで演奏する高陵小児童=高岡駅南北自由通路

 高岡市は13日、高岡駅の南北自由通路にストリートピアノを設置した。市民らに自由に演奏してもらい、交流やにぎわい創出につなげる。

 3月に閉校した定塚小で1978(昭和53)年から使用されていたヤマハ製のグランドピアノで、通路の中央に置かれた。高陵小5、6年生24人が訪れ、クラシックやJポップ、アニメの主題歌を奏でたり、校歌を合唱したりした。駅利用者も演奏を楽しんだ。

 ピアノは午前9時から午後6時半まで利用できる。8月31日まで設置され、利用状況を検証して、設置の継続を検討する。

 演奏を披露した高陵小6年の柴花穂菜(かほな)さん(11)は「いろんな人がピアノを演奏し、楽しい音が響く駅になったらいいなと思う」と話した。角田悠紀市長は「自然に人が集まり、新しい高岡の文化を創ってもらいたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます