ロシア×ウクライナ誌上ホンネ大討論!
「大統領は偉大な父」「プーチンは負けた」

 

 ロシアのウクライナ侵攻から3カ月。泥沼の様相を呈する中、遠く離れた石川県に住む両国民は今、何を考えているのか。「プーチンは負けた」と主張するウクライナ出身者に対し、ロシア出身者は「大統領は偉大な父」と祖国の正義を叫ぶ。相反する意見から、「ウオッカ好きは一緒」といった共通点まで。ロシア情勢に詳しい識者たちの分析も交え、両国民のホンネに迫った。
(続きはアクタス6月号でどうぞ)

奥川エースへの道
16歳で感じた大物感

上半身のコンディション不足で緊急降板した翌日、練習に参加し笑顔を見せる奥川投手=3月30日、神宮球場(サンケイスポーツ)

 奥川恭伸投手(かほく市出身、星稜高OB)のプロ入りを機に始まった連載「奥川エースへの道」はちょうど30回目を迎えた。今回は、担当のヤクルト番記者に代わり、故郷石川でスポーツ取材を専門とする記者歴25年目の私が、奥川投手との出会いから現在を振り返り、その人柄に迫る。 (北國新聞社運動部長・杉山圭一郎)
(続きはアクタス6月号でどうぞ)

全国主要100大学 高校別合格者数
石川・富山一挙掲載

合格を確認し、記念撮影する受験生=3月9日、金大角間キャンパス

 アクタス編集室がまとめた2022(令和4)年度の国公立大合格者数は、石川県が前年度121人増の2378人、富山県は71人増の2146人とどちらも増加しました。高校別で見ると、石川県の最多は泉丘の335人で、以下二水、桜丘と金沢の高校がトップ3に並びました。富山県の最多は富山中部の229人で、以下高岡、富山と富山御三家が上位を占めました。石川、富山県の104高校について、全国主要100大学の合格者数を掲載します。
(続きはアクタス6月号でどうぞ)

シリーズ 医療・健康特集
コロナワクチン接種いつまで?

 

 新型コロナワクチンについて、政府は4回目の接種に向けた準備に入りました。4月末時点で3回目の接種率は5割にとどまっており、4回目の対象者は60歳以上の高齢者や基礎疾患を持つ人に絞られます。新型コロナの重症化リスクが下がる中、ワクチンはこれからも打ち続けなくてはならないのでしょうか。
(続きはアクタス6月号でどうぞ)

エッセー  匠心者しょうしんもののホンネ
俳優・西垣しょうさん=白山市出身

(アクタス6月号でどうぞ)

無断転載・複製を禁じます