自民党の原子力規制に関する特別委員会(委員長・鈴木淳司衆院議員)は12日、原発再稼働の前提となる原子力規制委員会の審査効率化など求める提言をまとめ、山口壮環境相に手渡した。16日には岸田文雄首相にも提出するとしている。

 提言は「審査の多くが行政手続法上の標準処理期間である2年をはるかに超えて遅延している」と指摘。規制委に対し、既に合格した原発の審査結果を活用するなど、迅速化に向けた工夫をするよう求めた。

 鈴木氏は「規制委発足から10年になるにもかかわらず、いまだに再稼働が10基しかないのが現実。危機感を強く持っている」と述べた。

無断転載・複製を禁じます