富山湾大水槽を眺める来館者=魚津市の魚津水族館

 魚津水族館では午前9時の開館から家族連れらが続々と入館し、「急な場所変更で水族館を選び、一気に来たのではないか」と担当者。目玉の富山湾大水槽ではブリやクエ、エイなど大型魚が来館者の視線を集め、日本初のアクリル製水中トンネル内では海中に潜ったような光景に笑顔が広がった。

 午前と午後の2回実施している「ホタルイカの発光実験」は定員各20人が埋まり、県外客が大半を占めた。担当者は「大型連休のメインとなる3、4、5日のさらなる入り込みに期待したい」と話した。

無断転載・複製を禁じます