関越自動車道の高速ツアーバス事故から10年を迎え、現場近くの献花台で手を合わせる関係者=29日午前、群馬県藤岡市(代表撮影)

 群馬県藤岡市の関越自動車道で、高速ツアーバスが防音壁に衝突し乗客7人が死亡、38人が重軽傷を負った事故から29日で10年となった。発生時刻の午前4時40分に合わせ、現場近くで遺族や関係者が献花、犠牲者を悼んだ。

 バスに乗って重傷を負い、同乗の母郁子さん=当時(49)=を亡くした富山県高岡市の林彩乃さん(33)は「お母さん、会いに来たよと伝えた。10年で少しずつ前に進んでいるが、思い返すとやはりつらい」と振り返った。

 事故は2012年4月29日に発生。バスは前夜に金沢市を出発、富山県高岡市経由で千葉県の東京ディズニーリゾートに向かっていた。

無断転載・複製を禁じます