神奈川県警によると、人気漫画「オバケのQ太郎」や「忍者ハットリくん」「笑ゥせぇるすまん」などで知られる漫画家の藤子不二雄Ⓐ(ふじこ・ふじお・えー、本名安孫子素雄=あびこ・もとお)さんが川崎市の自宅で死去したことが7日、分かった。88歳。氷見市出身。

 藤子Ⓐさんは高岡高卒業後、1952(昭和27)年から2年間、富山新聞社に勤務し、学芸部記者などとして記事や挿絵を手掛けた。藤子・F・不二雄(本名藤本弘、高岡市出身)さんと共に54年に上京。「藤子不二雄」の共同ペンネームを使って二人三脚で創作、64年連載開始の「オバケのQ太郎」が大ヒットした。その後も安孫子さんは「忍者ハットリくん」「怪物くん」を手がけた。2人で人気漫画家として不動の地位を築き、コンビを解消後も藤子不二雄Ⓐを名乗り、創作活動を続けた。

 現在、北國新聞夕刊で藤子Ⓐさんの富山新聞社記者時代を題材にした連載を掲載している。

無断転載・複製を禁じます