富山県立大工学部医薬品工学科の長井良憲教授、古澤之裕准教授、大学院博士前期課程の石橋璃子さんらの研究グループは、漢方薬に使われる生薬甘草(かんぞう)の成分に、善玉腸内細菌を増やす働きがあることを明らかにした。大腸の「バリア機能」を向上させ、メタボリックシンドロームの症状を改善する。今後、新たな治療薬や機能性表示食品の開発が期待される。

 高脂肪食を続けると、「肥満菌」と呼ばれる悪玉腸内細菌が増加し、「痩せ菌」と呼ばれる善玉腸内細菌が減少。大腸のバリア機能が破壊され、腸の中の有害な物質が全身に回り、メタボリックシンドロームを引き起こすと考えられている。

 マウスに高脂肪食とともに、甘草に含まれる有機化合物「イソリクイリチゲニン」を与えたところ、腸内の痩せ菌が増加し、大腸のバリア機能が回復した。

 成果は16日、独科学誌「モレキュラー・ニュートリション・アンド・フード・リサーチ」に掲載された。

無断転載・複製を禁じます