伐採した桜の枝を運ぶ参加者=砺波市の上和田緑地キャンプ場

 「富山さくらの名所70選」の砺波市上和田緑地キャンプ場で21日、市民の力で桜を維持管理するイベントが開かれた。参加者約100人が今冬の雪で折れた桜の枝を伐採して集積場所に運び、太い枝をまき用に短く切り、芽の付いた枝は観賞用に持ち帰った。薫製づくりやテントサウナも行われ、キャンプ場の魅力を理解した。

 せんだんの桜保存会と栴檀野自治振興会が、費用を掛けずに、桜の名所を守るために企画した。

 伊藤園(東京)の県の「富山のさくら」の名所作り事業への寄付を活用して、高所作業車で病気に掛かった枝を伐採した。

 砺波市太郎丸の三浦太郎さん(40)は「木は乾燥させて、まきストーブに使いたい」と話し、父親と参加した佐野隼人君(同市出町小5年)と弟の健太君(同3年)は「木は重いけど楽しい。満開の時に来たい」と笑顔を見せた。齊藤一夫副市長も作業に参加した。昨年の参加者は2日間60人で、保存会は関心が高いとみて来年も継続する。

無断転載・複製を禁じます