ニューヨークのウォール街にある標識(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落して始まり、前日からの下げ幅が一時800ドルを超えた。米長期金利の上昇を背景に、金利上昇時に割高感が意識されやすいIT株を中心に売りが膨らんだ。

 午前10時現在、前日比644・42ドル安の3万3720・08ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、265・36ポイント安の1万3589・77。

 25~26日に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)を見極めたいとの思惑や、緊迫化するウクライナ情勢への警戒感も相場の重荷となった。

無断転載・複製を禁じます