大相撲の高砂部屋は24日、ツイッターの公式アカウントで、初場所限りで現役を引退する幕下朝鬼神(あさきしん)(29)=兵庫県出身=の断髪式の様子を投稿した。元大関朝乃山(富山市呉羽町出身、富山商高OB)が付け人だった朝鬼神の髪にはさみを入れた。

 初場所後に高砂部屋で朝鬼神と序の口朝大門の断髪式が行われた。ツイッターでは朝乃山が二人の髪にはさみを入れる写真や集合写真が投稿された。

 朝乃山の取組直前、背中に赤く浮かび上がる手形はファンから「天使の羽」と呼ばれ、この羽を生やしてきたのが朝鬼神だった。渾身(こんしん)の力で朝乃山の背中をたたき、気合を注入するのが習慣となっていた。

無断転載・複製を禁じます