富山県は21日、県内の10歳未満から70代の男女72人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者は2日連続で70人を上回り、県内の累計は5332人。入院患者は前日比14人増の102人で、昨年9月14日以来の100人超えとなった。

【関連記事 県立大生5人陽性】

【関連記事 小矢部郵便局員感染】

【関連記事 子ども10人超感染、黒部市保育施設】

【関連記事 朝日町で保育士1人感染】

 新規感染者は富山市35人、黒部市9人、射水市7人、高岡市5人、砺波市と南砺市が各3人、小矢部、氷見、魚津、立山の4市町が各2人。ほかの2人は大阪から県内を訪れていた。年代別では20代が17人、10代が14人、40代が10人などとなっている。69人が発熱など軽症で、3人は無症状。

 半数の36人は感染経路が分かっておらず、36人は感染した家族や知人らの濃厚接触者だった。大阪在住の2人以外に7人が、「まん延防止等重点措置」の適用対象となっている愛知、新潟など県外を訪れていた。

 宿泊療養施設入所者は前日比14人増の141人、自宅療養などは同22人増の95人。重症者はいない。

無断転載・複製を禁じます